テニスのキホン
コンテンツ

テニスのキホン

あなたはテニスをどのくらい知っていますか?

当サイトではテニスを全く知らないあなたからちょっと知ってるあなたまで、もう一度テニスの基本をおさらいするサイトです。

テニスは紳士のスポーツと言われています。相手の失礼にないようにテニスのルールから試合のマナーまで、コートに立つ前にここでしっかり学んでおきましょう。

バスケットボールにおけるオフェンスの意味

バスケットボールという競技においてオフェンスとは、相手陣に配置されたゴールにボールを沈める事を指します。

パスやドリブルを用いて相手陣にボールを運び、放たれる状況、位置によって違う得点をシュートによって取り合うのがバスケットボールという競技です。

反則等の際に与えられるフリースローは1得点、通常のシュートでは2得点、そして遠距離から放たれる3ポイントシュートと、得られる得点は3種類ですが、そのどれもがオフェンスをする事無く得られる事は有りません。

1度のオフェンスに掛けられる時間に制限のあるバスケットボールは、スピィーディーなゲーム展開となる場合が多く、互いのレベルが上がるほど高得点の対戦になることが多いために、いかに効率良く、また高い確率でバスケットに沈めるかが勝敗の鍵を握ることとなります。

スポーツジムに通う

毎日体を動かすスポーツをすることは、難しいかもしれませんが、週に1度くらいのスポーツ活動だったら参加できるのではないでしょうか。

調べてみると、住んでいる地域や会社の近くで活動している社会人サークルがわりとあるようです。

バレーボールなどは、ソフトバレーといって通常のバレーボールよりも柔らかく一回り大きなサイズのボールを使用するので、あまり得意でないという人も楽しく参加できるようです。

チームを組んでスポーツするだけで、笑いがこぼれて楽しい気持ちになりますよね。友達も増えますので、友達に聞いたり、ネットで調べたりして積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

もしも、近くになければスポーツジムに通う習慣をつけてみていも良いかもしれないですね。

ボードゲームマスターについて。

文化祭のTシャツでオリジナルTシャツ作成

部活Tシャツや文化祭のTシャツでオリジナルTシャツを作るのは定番ですが、その時に業者に依頼するのが良いでしょう。

最近では、オリジナル感が出るように色や素材も豊富に揃っています。イラスト案をそのままプリントできる場合もあるので、大満足のTシャツ作成ができます。

Tシャツの色とプリントの色を上手く選んで作るので、バリエーションもたくさん作ることができます。

値段も普通にTシャツを買うのとあまり差もなく高くないので、無地のTシャツでそろえるだけでなく思い出に残るものを作れます。

Tシャツ作成業者に依頼すれば沢山のオリジナルTシャツ作成ができるのでお手軽です。合わせてキャップやパーカーなども作って揃えたいですね。

完成したら売りたいオリジナルTシャツ

ただ自分でデザインを考えて、完成したオリジナルTシャツを自分で着るだけではありません。それでもかなり楽しめると思いますが、販売するという事もできます。

完成したオリジナルTシャツはフリーマーケットで販売したり、オンラインショッピングで販売する事もできます。たくさんの人が買ってくれるとうれしいですね。

その場合には、自分で着る分だけではなく、売る分のTシャツも必要になりますので、何枚作るのかはよく考えないといけません。でも、あまりたくさん作り過ぎると在庫を抱える事になりますので、適度な枚数を考えて売る様にしたいですね。

気に入ってもらえる様に、いい物に仕上げたいですね。